進化した陰ヨガ

🧘進化した陰ヨガとは

グラウディング、ホールディング、リラクゼーションを三原則とし、東洋医学をベースとした道教、中医学、陰陽論、太極拳や気功などの教えを取り入れた、古代中国と古代インドに古くから伝わるヨガです。



最も古典的でハタヨガの基礎とも言われています。


ポーズ自体はシンプルですが、最新の解剖学に沿った筋膜に働きかける動きで、呼吸と共に行う強烈なマッサージセラピーのようなものです。


例えば、どこかの筋肉をピンポイントで鍛える・ポーズの完成形を目指していくフィットネスのヨガやトレーニングとは違い、身体を統合的にみていきます。


陰ヨガの「陰」とは陰陽の陰を指しますが、陰と陽はどちらかだけでは存在せず、どちらも存在してはじめて1つとなります。

陰の性質=ゆるむ、リラックスの意味がありますが陰(リラックス)ばかりではなく、最小限の陽(筋力)を使いながら自然な呼吸法で身体を整えていきます。

そして身体のパーツにも陰と陽が存在します。
陰ヨガでは陰のパーツ(へそから下)を使い、土台となる足元を整えます。
骨盤の歪みもまずは足元から正します。


陰ヨガで普段の身体の使い方から食生活などの生活習慣から見直していきましょう。


他のヨガをされている方も、陰ヨガを基本の練習としている方もいらっしゃいます。




🧘どんな方におススメ・・・?


✔いつも上半身に力が入って身体の力が抜けない方、肩こり・腰痛デスクワークが多い方。


✔膝の痛みがある、外反母趾、偏平足、足首・股関節が硬い。


✔疲れやすい。


✔正座ができない、あぐらがかけない


✔呼吸が浅い。寝付きが悪い。


✔自然と立ったとき(タダアーサナ)に正しい姿勢が分からない、地に足がつく感覚が意識できない。


✔スポーツをしている(ランニング、ゴルフetc...)


✔シニアの方


✔段差もなにもないところで、つまずく。


✔東洋医学の観点からヨガを学びたい方